倉吉にて「アドラー心理学入門講座:ライフスタイル編」を開きました

2014年8月23日、倉吉市の鳥取短期大学にて「アドラー心理学入門講座:ライフスタイル編」を倉吉のアドラー自助グループメンバーの主催で開きました。このプログラムは、名古屋開催に引き続き、2カ所目でした。

参加者は37人でした。このうち10人くらいは、アドラー心理学に初めて触れるという人たちでした。こうした人たちにアドラー心理学を広げていきたいというのが、入門講座の目的のひとつですので、とても良かったと思います。

倉吉のグループの方々の企画と運営のおかげで、すばらしい講座になりました。どうもありがとうございました。また、次のプログラムを倉吉で開きたいです。
IMG_6125

倉吉にて「人材育成のための教える技術ワークショップ」を開きました

2014年8月22日、鳥取県の保健師の教育担当者を対象として「人材育成のための教える技術ワークショップ」を開きました。15分のレクチャー、5分のグループ討議(グループは4人編成)、5分の全体シェアのユニットからなる「マイクロフォーマット」の4時間プログラムでした。参加者は36人でした。

「教える」ということを新しい枠組みで捉え直してくれた人が多かったようで、よかったです。マイクロフォーマットによる研修形式も好評で、この形態に自信を持ってきました。

IMG_6103

姫路にて「教師のためのアドラー心理学」を開催しました

2014年8月21日、関西福祉大学主催の「中学・高校教員のためのエンパワメント講座」のシリーズとして、「教師のためのアドラー心理学」を開きました。4時間のプログラムでした。参加者は16人と多くはありませんでしたが、「はじめはそっとはじめる」主義の私には合っていたかもしれません。

この企画は先方からオーダーされたものでした。いろいろなところでアドラー心理学への関心が高まっていることを感じます。アドラー心理学の考え方を取り入れることで、教室で起こるさまざまなトラブルや悩みを解決することができるでしょう。また、今のクラスをもっと良いクラスにすることができるでしょう。そのために、この「教師のためのアドラー心理学」のプログラムをより洗練されたものにしていきたいと思っています。

IMG_6097