鈴木克明先生のインストラクショナルデザイン講座からヒント

岐阜大学での教育工学会大会を見て回っていたら、熊大関係の発表には必ずこんなチラシが置いてありました。

熊本大学公開講座「インストラクショナルデザイン入門編・応用編」

鈴木克明先生ほかによる一日講座です(10時から16:30)。東京・名古屋・大阪で開かれるとのこと。

参加者のターゲットは、学校教職員・医療従事者・企業の研修・教育担当者ということで、ニーズはありそうです。

私も、これまで、教育委員会や大学や企業などから、オファーがあるたびに「教える技術」のワークショップを開いてきました。オファーをもらってから企画するというのでなく、こちらから日時と場所を指定して公開講座という形で開くというのもありかな、とヒントをもらいました。

2014-09-25 17.40.25

モーニングページの効果は今やるべきことがはっきりすること

「毎朝1日のはじめに、立ち止まって何か書く」モーニングページは毎日ではないですけれども、続いています。

書くことに構えることはありません。空白の頭の中に浮かんでくる、ちょっと気になること、何とかしたいこと、やりたいこと、を手のおもむくままに書き留めればいいのです。

効果は抜群です。それは何よりも、今やるべきことがはっきりすることです。

本当に今やるべきことというのは、日常の雑事にかき消されてしまいがちです。モーニングページでは、その雑事も書いてしまうことによって、安心して忘れることができます。その結果として、今やるべき一番大切なことに取り組む勇気がわいてくるのです。